tthunterのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 盗聴器発見業界の内幕を暴く!

<<   作成日時 : 2014/06/06 22:28  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

街中を車で走っていると、時々探偵や電気工事業者などが出す広告で、「盗聴器発見致します。」等の広告を時々見かける事が有ります。この人達は無線のプロの資格を持つ専門の方達がチャントした教育を受けた上で営業しているもの"と思いますよね。

しかしながら現実はそうでは有りません。ただ単に1台、数万円程度の受信機を購入し、何処にでも書いてある発見マニュアルを見て開業しているだけの業者さんが非常に多いのが現実です。

中にはラジオライフと言う無線雑誌に書いてある様な文献をソックリ真似た文章をホームページに載せる専門業者さんも存在します。
現在、盗聴器発見業界には様々な経歴の持ち主が沢山参入している為、どのような業者に頼めば実際に高確率に発見して貰えるのでしょうか?

盗聴器発見調査 スキャンロックサービス


・探偵など
世間ではここが一番盗聴器の発見に詳しいと一般に思われがちですが、実際はそうでは有りません。良く探偵が盗聴器を仕掛ける話が新聞などに載せられる記事が有りますが、その方達自身がが直接発見してくれれば確実に発見できるとお思いでしょうが、実際は探貞は盗聴器を仕掛けることは出来ても、だれか別の業者が仕掛けた盗聴器を発見する為の専門家では無いからです。別の業者が仕掛けた盗聴器を発見するには全ての種類の盗聴器を疑わなければ成りません。その為にはそれなりの高度な受信機やスペアナなどの機材が必要でそれを扱うプロでは無いからです。


・盗聴器販売店や電気工事などの異業種が行う業者
盗聴器販売店は数多くの新しいタイプの盗聴器を日ごろから観て触れる為、ある程度最新盗聴器についての基礎知識は有りますが、実際に盗聴器を探索するには別途高度な無線機材類が必要で、この方達も実際には、この様な高度な機材を持つことは極まれで盗聴器を発見するには手足ともなるスペアナや高価な受信機がどうしても必要に成ってきますが、この様な所でそう言った機材を持つ販売業者は聞いたことが有りません。
又、電気工事士さんも本来は電気の配線工事をするのが仕事であり、この無線関連の知識は全く別のカテゴリに当たる為、特別に勉強しない限りあまり期待はできません。


・警備会社や引っ越し会社等の付加サービス
此方は本業に少々関連性が有りそうな業務の為、最近この業界にも力を入れて来ては要るようですが、この業務の為にわざわざ専門知識の有る無線の専門家を新たに雇い入れる余裕もなく、殆どの業者は簡易調査が出来る程度の機材、人材しか持ち合わせて居ないのが現状です。


・盗聴器発見専門業者
この人達は本来的に無線機操作や電気測定器等を扱う専門家で有る為、盗聴発見の調査にも可也の実力を発揮し、より専門的に盗聴器を発見できる素養が有りそうですが、実際、現実はそうでは有りません。この方たちの殆どは過去に様々な仕事をしてきた方たちで、講習料100万円程度を支払い,ほんの2〜3日程度の無線の初歩程度の知識を持って、僅か20〜30万円程度の受信機等で開業してくる訳ですから、その殆どが被害者本人がご自分で勉強をなされても発見できる程度の盗聴器しか発見出来ない専門家やプロも数多く存在して居ります。

本当に無線に詳しい技術者は全国にもほんの一握りしか存在して居りません。盗聴器を発見するには、まず無線のプロでなければ成りません。しかも様々なタイプの盗聴器が現在存在している為、それら全てに対応する測定機材(高価な受信機やスペアナなど)の取扱いや各盗聴器や盗撮カメラ等に対応する専用の発見用機材の数々の所有、これらの機材を全て揃えるには軽く数百万円程度の機材も必要に成って来ます。

この事は、たとえば仮に名医が居たとしましょう。その名医がその能力を発揮するには高価なMRIやCTスキャンなどの高額で精度の高い医療器具が無ければその医者は名医でも何でもありません。此れと同じように高度な盗聴器の発見業者には高度、高価な沢山の調査機材が必要と成っておりますので、良い発見調査会社を求めようと思えば良い機材を多数所有する、その無線業務に深い知識と経験が必要と成ります。
この様な無線知識と調査経験、高度な調査機材の数々は短時間で講習を終える大手調査会社(グループ会社)等ではとてもとても全国にこういう体制は作れないと思います。


T、盗聴器発見業者を選ぶ上で最も重要視すべき点は、どれだけ沢山、有効性の高い調査機材を所有するか?
U、無線に関する様々な知識や測定器を取り扱うだけのスキルの有る技術者や発見時にも撤去に必要な資格が有るか?
V、どれだけ最新の盗聴器や盗撮カメラについての知識を持つか?
W、最近、多くなっているデジタル無線関係の無線知識を身につけているか?
X、最新の盗聴器調査方法についてどれだけ知識を豊富に蓄えているか?

以上の5項目を基準に各調査会社を調べる事が良い調査会社に巡り合える可能性もより高くなると思いますので、ご自身の目で沢山のHPをご確認下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
すごく感謝です(゚∇^*)

かなり緊張してるから変になていたらすみません。



tthunterさんのブログに出会えて本当に良かったです!



溜息ばかりの毎日で正直もう限界だしキツイ…と思ってたんですが足枷が少し軽くなった気がするんです(●´∀`●)

視点は違うのが当たり前なのかもしれないんですけどそれでも全部違うわけではなくて似てる所もあって、なんていうか私は当たり前すぎることを忘れ過ぎてたのかもしれません(汗)



それで…一人で考えてばかりいると中々浮上のきっかけを得られないので、、



maki2.co@i.softbank.jp(@は小文字にしてください)



話聞いてもらえませんか?悩みを解決に導いて欲しいとかじゃなくて、聞いてもらえたらもとスッキリ出来そうな気がするんですヾ(´▽`*;)

お返事心待ちにしています!
すごく感謝です(o^−^o)
2015/07/17 02:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
盗聴器発見業界の内幕を暴く! tthunterのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる